Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/c5496015/public_html/andmimics.com/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
株式と債券の違い、教えます💡´- わかりやすく解説します!

⁀➷ 投資を始める第一歩!株式と債券を理解して明るい未来を描こう ⁀➷

■ここでは株式と債権について、詳しくは理解できなくても簡単には理解したい!という方は必見。

■特に投資初心者に向けての記事になってるので、これを見れば一通り株式と債権とは何か?が少し解決するはず💡´-

■企業が成長したり新しいプロジェクトを進めたりするにはお金が必要。

■そのために、会社は株式と呼ばれるものを発行。株式とは、会社の所有権を小さな部分に分けたもののようなイメージ。

■株を買うことは、実際にその会社にお金を出資することと同じ。株を持ってるということは、会社の一部のオーナーになるということ。

■企業が成功したら、その成果を分ける権利を持つ一人になれる!逆に、会社が悪い状況になってしまったら、株の価値も下がる可能性があることも覚えておく💨

■簡単に言うと、株を買うことは、会社に出資してその一部を所有して、その成果に応じて利益が生まれる。

■会社の成長や成功に応じて、株の価値が変動することもあると理解しとくと良いかもしれない💡´-

■株は、企業の良い結果や悪い結果によって価値が変わる。

■この価値の変動を使って、お金を増やすチャンスを狙っていける。それに、株主になったら、その企業に関わる特別な権利(配当金や株主優待)も手に入れられる!

■株を買う時には、まず証券会社を使わないとだめ。証券会社は、株の取引を行う窓口となる会社で、イメージとしては株を売りたい人と買いたい人が出会う場所。

■その株を売買するための場所が「証券取引所」といわれ、ここは、株の売り手と買い手が集まる市場のような場所。例えば、日本では東京証券取引所が有名💡´-

■株の取引を始めるためには、まずは証券会社に口座を開設するんが必要。

口座開設は、ココから詳しく ▷▶ TAP!

■株式投資は少額から始めることができる方法もある。少額から始められるのは、株式ミニ投資と株式累積投資の2つ。

■株式ミニ投資は、通常の株式取引で必要な数の10分の1の株数で取引できる制度💡´-

■通常はだいたい100株単位で買う必要があるので、仮にその株価が1,000円だとする。ふつうなら10万円以上の資金が必要やけど、株式ミニ投資では10分の1の10株単位で取引できる!

■だから、1万円からでもその株を買うことができるということ。ということは株初心者でも、少ない資金でも始めれる仕組み。

■とにかく触れておくことが大事やから、ココなら1株からでも買える ▷▶ 「PR」ウィブル証券

■株式累積投資は、定期的に一定額を投資する方法💡´-

■例えば、毎月1万円を投資すると決めてた場合、その額を毎月自動的に投資していくということ。

■株価が高い時にはちょっとだけ、逆に株価が低い時にはたくさんの株数を購入することになるから、平均取得単価が安くなる。

■こうなってることで、株価の変動によるリスクを分散させることができる!

■まとめると、株式ミニ投資は少額から始めるための方法で、株式累積投資は定期的な投資をしながらリスクを分散させる方法ということ💡´-

■株式投資は、初めての方にとっては少し複雑に感じるかもしれませんが、基本的な仕組みを理解するだけでここではOKです!!

■債券とは、国とか企業が資金調達のために発行するもの。

■一般的に債券を購入したら、利払日(利払の頻度は年2回が一般的やけど、年1回とか年4回とか、毎月とかもあって、銘柄とかによって変わってくる。)に利息が支払われて、償還日に額面金額が払い戻されることになってる。

■ちなみに償還日とは、一定の期間後に発行者がお金を返す約束をすることで、投資信託やったら、運用を行う期間が終わる日を償還日と呼ぶ。

■場合によっては運用成績が悪かったり、運用に使うお金が減ってしまうことがあって、そういう時は、償還日が来る前でも、特別な理由でお金を返されることもある💡´-

■債券はいつでも売買できるけど、時価は変動するから、額面金額よりも高くなることもあれば、低くなることだってある。

■だから、償還日まで保有していれば安全性が高いけど、償還日前に売却すると元本割れのリスクもある。

■それに、発行体の経営悪化とか破綻によっては、利息の支払いが滞ったり、投資元本を割り込んでしまうこともあるから、発行体の安全性を格付などで確認することが大切。

■債券は借り手に対する約束として発行されるもので、その債券を持っている人は利息をもらえる。ここでいう「金利」は、その利息のことを指す。

■もし一つの債券を持ってるとして、その債券の金利が他の投資機会と比べて魅力的やとすると、他の投資に比べて高い利益を期待できる場合は、みんなその債券が欲しくなる。

■そしたら、その債券の需要が高まって、価格が上がる。

■逆に、もし債券の金利が低くなってしまったら、他の投資と比べて魅力が薄れる。そしたら、みんなその債券よりも他の投資を選ぶ可能性が高くなる。

■その結果、その債券の需要が減少し、価格が下がる。

■債券には、金融政策の影響もある。金融政策は、国の中央銀行(日本の場合、日本銀行)が行う政策のこと。

■日本銀行が銀行に貸し出す金利を上げたら、銀行はお金を借りるのが高くなってしまうから、市場全体の金利も上がる傾向がある。

■逆に、日本銀行が金利を下げてきたら、市場全体の金利も下がることが多い💨

■要するに、債券の市場価格と金利の関係は、金利が上がると価格が下がり、金利が低下すると価格が上がるという「シーソーのような関係」のイメージ。

■債券は発行体が借金をする際に発行する証券で、発行体が返済する確実性が高い(信用力が高い)場合は、投資家はその債券に対して信頼を持つ。

■その信頼があるから、投資家は低いリスクで投資できると考える。ということは、発行体の信用力が高いほど、債券の金利は低くなる傾向がある。

■だから金利が高すぎる債券は、逆に元本割れのリスクや利息が滞ったりすることもあるかもと思ってた方がいいかもしれない。

■株式と債券にはそれぞれ違いがあって、その個性をちゃんと把握していないと、関わり方もわからなくなる。

■どちらも悪ではなく、デメリットはあるけど、理解して関わり方を上手くすることで、得られるメリットもたくさんある💡´-

■株式は企業の所有権を意味する。株式を買ったら、あなたはその企業の一部のオーナーになることができる。貸しているのではなく、出資している。

■企業は株主に対して、利益を分配することがあるけど、株主に対する返済義務はない。だから失敗すれば価値が下がる可能性もあるということ。

■債券を買うことは、発行体(企業や国)にお金を貸していることになる。なので返してもらう必要がある。

■貸し手側になっているから、債券を持つ発行体が倒産した場合は、債券保有者は優先してお金を受け取る権利を持てる。倒産時に債券保有者が先に返済を受けることができる。

■株式投資では、株式を安いタイミングで購入し、その後株価が上昇したときに売却することで、差額分の利益を得ることができる。

■ただ、株式の価格は変動しやすくて、リスクも高い。また、株式を保有してたら、企業が利益を出した時には配当金を受け取ることもできる。

■株式は債券と違って配当金は企業の状況によって変動するため、安定した収益とは言えない💨

■債券は、債券を買うと、その代わりに一定の期間ごとに利子(クーポン)を受け取ることができる。これが債券投資の主な収益。

■債券の利率はあらかじめ設定されてるから、保有期間中にある程度予測した収入を得ることができる。

■それに債券の価格は市場で変動するため、購入時よりも高い価格で売却することで利益を得ることもできる。

配当と利息は、ココから詳しく▷▶TAP!☝🏻 ̖́-

■株式は、会社の業績や市場の状況によって、株価が上がったり下がったりするから、株式は利息を受け取るわけではなく、株主として会社の成功に応じたリターンを期待する。

■価格の変動リスクは債権よりも高い💡´-

■株価は変動しやすく、リスクが高い。でも長い期間で見れば、成長する企業の株を持つことで大きな利益を得ることができる可能性もある。

■債券は、借り手がお金を借りる際に発行する証券だから、これに投資することで、実質的に借り手にお金を貸していることになる。

■債券は、あらかじめ決められた利率で、定期的に利息が支払われて、債券が満期になると、元本(額面金額)が返済される。

■だから、債券の価格はあんまり大きく変わらず、比較的安定した価格動きが特徴で、価格の変動リスクが低く、その分期待リターンもあまり大きくない。

■簡単に言えば、債券は安定感があるから、少しずつの利益が期待できる投資。

■株式は価格が動きやすく、大きなリターンを狙えるけど、その分リスクも高い投資。

■ひとまず始めてみるならココをTAP! ▷▶ 「PR」ウィブル証券
「PR」

コメント

タイトルとURLをコピーしました